高速バスの利用方法

高速バス利用の基礎知識を紹介します

格安で快適な高速バスを利用しよう

格安で運賃を浮かせて旅先で使おう

高速バスは非常にリーズナブルな料金で長距離を移動できる、国内最安の交通手段です。新幹線や航空券に比べて圧倒的に安く、中には片道分の予算で往復割引券を買えてしまうこともあります。日中だけでなく夜間も便があり、夜走るものは夜行バスとも呼ばれますがもちろんこちらも高速バスです。基本的に1年中運賃は変わらず、ほかの交通手段では運賃が高くなる時期にも、安定の格安旅を楽しむことができます。また、夜間の便を利用すれば、ホテル代を浮かせることができる点もメリットです。例えば仕事や学校が終わって旅に出発する場合、少しでも現地で過ごせる時間を増やすために夜間に移動するケースもあるでしょう。それでは現地に着いたときに宿泊する費用がかかりますが、高速バスであれば乗り込んで寝ている間に目的に着くためホテル代がいりません。席は予約制、乗り込めば後は何もせず寝ているだけです。つまり前の晩の1泊分の料金も浮くため、その分現地で使えるお金が増えることになるのです。

かなり昔のイメージでは、移動中狭いバスの中に長時間閉じ込められ、かなり窮屈なのではという不安があったのは事実です。ただ現在は、バスを運行している会社のホームページを見れば一目りょう然のように、驚くほど広く快適な車内レイアウトが実現しています。シートは横に4列のものと3列のものとが主流ですが、いずれも座席同士の間が離れ、快適に過ごせるスペースが確保されています。シート間のピッチも明確に数字を表示している会社が多いので、実際にどれくらい広いかをチェックしてみるとよいでしょう。ちなみに、窓際が好きな人や通路側が好きな人、前方や中間が好きな人など、場所の選び方はマチマチです。基本的に長時間乗ることを前提として設計し、レイアウトも熟考されているので、想像以上に快適に過ごせるという声が圧倒的に多いです。事実、リクライニングの角度、シートピッチともに、飛行機のエコノミーシートとは比較にならないくらい余裕です。列車の座席もシートピッチ80cm程度が多い中、夜行バスでは95cmにもなる設計がありますので、靴を脱いで足を伸ばしてしっかり眠ることができるでしょう。

街中から目的地へ行って帰れる利便性

バスの利点は、都市周辺部の街中から気軽に乗り込み、目的地へダイレクトに到着できることです。家の近所や職場、学校の近くから乗り込めれば、時間も距離もロスがなく、その場から旅をスタートさせることができます。もちろん一度乗り込めば自分専用のシートに座り、あとは乗りかえなし、面倒もなしで目的地まで直行できます。空港や駅などについてから行きたい場所まで移動する必要もなく、その交通運賃も浮かせることができるのでリーズナブルでしょう。時間とお金を最大限有効利用し、通常は動けない夜中に旅をはじめられるのは、まさに休日を100%楽しみたいアクティブな人にも最適な移動手段なのです。

人気記事ランキング